北朝鮮のミサイルのことがあって、いろいろとニュースとかネットとかSNSも騒がしい。様々な憶測や意見が飛び交っている。解散総選挙もあるとか、ないとか。

憲法改正の議論は、今年の終わりから来年にかけて加速していくと思います。

注意しなければならないのは、ネットの情報やテレビのコメンテーターなどの言葉をそのまま丸呑みにして、それを自分の意見としてしまうこと。

ヤフーニュースのコメント欄はほんとにヒドイし、ツイッターやSNSも極端だったり、軽々しいものもたくさん散見します。
そうでないものも中にはあるけれど、普段からリテラシーを鍛えとかなければと本当に思います。

皆、仕事や生活がある。ニュースとか情報を丁寧に拾ってる暇はない、と。

それでもやっぱり憲法改正のことは、しっかり考えて判断したいと自分は思います。
後々の僕らに絶対かかわってくる問題だから。

現時点での自分の意見の備忘録も兼ねてこれを記します。

憲法改正に関して、やはり「9条」というのが議論の中心にあがってしまうことは仕方ないけれど、そこに罠がある。
自分の今現在の意見としては、9条は改正すべきだと思っている。国防軍と明記してもよいと考えています。
地政学上のこととか、よく言われるスイスやスウェーデンの例とか、ルクセンブルクやアイスランドの話とか、諸々。ある程度護憲派ではあるけど、いわゆる“9条が無条件に国を守ってくれる”とは思っていません。このあたりの解釈とかは、様々な意見あると思う。
だから、みんなが知っていって対話すればいいんです。
前にも書きましたが、
「憲法」「続・憲法」
この問題だけをクローズアップしすぎて、これの是非だけで投票するのは危険だと思っています。
「自民党改憲草案」はみなさんご存知だと思います。
“この内容をそのまま全て改正の際に反映させることはない”と自民党も言っていますので、改正の議論が始まれば、新たに修正された改正案が発表されるはずです。
そこで、見なければいけない部分は、もちろん9条がどう変わるかも大事なことですが、その他の条文を注意深く見る必要がある。
現在発表されている草案では、いわゆる“立憲主義(憲法が国家権力を縛ること)”が、巧みな言葉により否定されている部分が見受けられます。
あと、一番危惧(権力の濫用の恐れがある)されるのが「緊急事態条項」と言われるものです。
“他国の憲法では当たり前のようにある”とか“有事の際には絶対必要”とか、そういうことがまことしやかに囁かれますが、草案のものはあまりにも権力が政府に偏ってしまう内容になっていて、例えばドイツのそれのようにストッパーがないものです。
ひとたび政府が「緊急事態」と発すれば、法律と同じ効力を持った政令がフリーパスでいくらでも作れるようになるという、かなり危ないものです。
「使う人がちゃんとしてれば大丈夫でしょ」という意見もあるかもしれないけど、わかりやすくその危なさを言うとすれば、漫画「デスノート」を思い浮かべてもらえたらと思います。
どんなに人格者でも、権力を手にした時には自分の意にそぐわないものはどんどん排除していくようになるものです。

だから、自民党が出す案に対して、100か0ではなくて、ひとつひとつ精査して反論なりをしなければいけない。でも、世論は真っ二つに分けられて報道なりネットなりで拡散されるかもしれない。
分断されてはいけない。
ちゃんと自分で判断して、危惧する条文が残っているなら、僕は反対票を投じます。

そして現状、日本はアメリカの属国のような状態である。なんとなくみんなわかっているように思うし、僕も10冊かそこら、本で読んだだけの知識にすぎないけど、数々の事実を改めて見ると驚愕する。
日米地位協定が日本国憲法より上位に位置していることだとか、横田空域のことだとか、原発と核兵器の関係とか、何十年も前にアメリカの頭いい人が考えたとおり(公文書が公開されていたりします)の従順なアメリカの属国となっている。
それに歯向かおうとしたり、意にそぐわないことをしようとした政治家たちが失脚しているのは偶然ではないことぐらい想像がつく。

朝鮮戦争があって、冷戦構造の中、運良く経済的な発展を遂げてきたこの国。僕らもそれを享受してきた。
今現在も安全で豊かな国なのは、確かにそうです。
しかし、少しずつ綻びが見えはじめてることに、ほとんどの人は気付いていると思う。異常な自殺者の数。格差社会。新自由主義に突き進む政策。などなど。

しかし、政府がやっている全てのことを批判するわけではないのです。中身をみて、おかしいと思ったら声をあげるということでいいと思う。
ネトウヨみたいな人たちは、そういう場合“対案を出せ!なければ文句を言うな”と言ってくるかもしれないですが、それは気にしなくていい。

またもや小沢健二氏の文章ですが、それに対してのことがとてもわかりやすく書かれています。
興味がある方は是非。
「金曜の東京」小沢健二
少しずつでも、1人ずつでも、関心を持って考える人が増えていけばいいなと思う。
それが力になると信じたい。ジョン・レノンみたいなこと言うようやけど。

あと最後に。
不倫のニュースはマジでどうでもいい。
スポンサーサイト
2017.09.20 / Top↑
前回のブログで少し触れたネタです。
“誰が興味あんねん”・・とか言うてましたが、書いてしまいました。
興味ある方はどうぞ〜。

-泉州弁(せんしゅうべん)は、大阪府南西部の泉州地域(和泉国)で話されている日本語の方言。
行政区分と同様に泉北地域と泉南地域に大別され、厳密には堺弁、泉北弁、泉南弁に分類される。泉南弁は和歌山弁や阿波弁等との類似点が多く、南近畿方言に属するとする説もある。播州弁と比較されることもある-

(wikipediaより)

このブログで書いている内容は、上記の泉南弁に近いものと思われます。

とはいえ、自分の感覚では、河内弁も混じっている気がします。やんけ、ワレ。


さて、本題。
おかんと盛り上がる、泉州“ネイティヴ”弁・特集。

①かぐ
標準語では、においを“かぐ”という用法で使われます。もちろん、その使い方もありますが、泉州弁では、鍵を“かぐ”と使用します。
(例文) 「ちょー、先に町内会館行っとくよってに、家かいできてよー」

②あけどんど
なんとなく字面で意味が通じそうですね。
(扉などを)開けっ放しにする、の意。
(例文)「あんた、せっかくクーラーつけてんのに、そこあけどんどにしたら、あかなしえ!(実話)」
※ちなみに、“あかなしえ”は、あかんやろの活用形。これもポピュラーな泉州弁ですね。

③かいだるい
これはうちの祖父が好んで使っていました。
ネットで意味を調べると、「情けない」「いらつく」「相手の言動がハッキリしないこと」と、かなり幅広い感じです。祖父も色んなシチュエーションで使っていた気がします。「しょうもない」みたいな意味で言っていたようにも思います。
(例文)「なんやこの番組、かいだりえー」

③もむない(もぐない)
これも泉州の人にとっては馴染みのあるワードですね。(食べ物が)美味しくない、まずい、の意。
(例文)「せんど食うたけど、もむない(もぐない)わ〜」
※“せんど”も泉州弁で「たくさん」の意。

④ぞれる
泉州弁でも割と大阪市内の人に通じるものも多いのですが、この“ぞれる”は和泉市あたりの人にも通じなかった気がします。
意味は、(水などが)溢れる。
(例文)「風呂の水ぞれるよってに、早よ止めてきてや!」


・・と、いったところです。
ネットでも「泉州弁辞典」みたいなのがいくつかありました。興味がある人はどうぞ。
泉州弁辞典

他に特徴としては、会話の語尾に、「〜け」「〜やんけ」「〜しゃ」とかがつく傾向があります。
その為、泉州ネイティヴ同士が会話していると、かなり、あらくたい(荒っぽいの泉州弁)ことになります。

その昔、祖父が友人たちと旅行に出かけたときに旅館のロビーかどこかで、普通に会話していただけなのに、「お客様、喧嘩なさるのであれば外でお願いいたします」と言われたというエピソードを話してくれたことがある。なんか嬉しそうだった。

人によるとは思いますが、ぼくらは知らずのうちに生活している場所の言葉を愛しているのかもしれない。それはとても素晴らしいことだなと。

息子や娘にも受け継いでいけたらいいなぁ。
2017.09.12 / Top↑
先日、友人と会う約束をしていて、諸事情により予定が合わなくなったことがあった。
その際に、友人から「いつにリスケする?」とメールがきた。

リスケ・・??

文脈から、“もう一度スケジュールを合わす”というのはわかったけれど、一応ググりましたところ、“リ・スケジュール”のことなのね。
ビジネス用語のようです。
友人はサラリーマン生活がかなり長いので、自然と出た言葉なんだろうな。わたしが無知なだけでポピュラーな使い方なんだろうか。わからんけど。

ビジネス用語は、なんかの機会で一度いろいろと調べたことがあったな。ほとんど忘れましたが。
使う必要あんのか?って思うのもたくさんあるけど、“コンプライアンス”なんかはもう市民権得てる感じもしますよね。

ビジネス用語もそうですが、新書の類を読んでるとよくカタカナ語が出てきて、一時期自分で辞書みたいにメモ帳を作っていた。
なんとなく雰囲気で覚えてても、いざ説明してと言われると難しかったりします。そんなこともないやつもありますけど。
プロパガンダ、アジテーション、リバタリアン、シビリアン・コントロール、コンセンサス、コミットメント、イノベーション、カリカチュア・・などなど。

日本語英語って、不思議です。

そんなことを考えていると、最近買った文芸誌の文章を思い出しました。
(正確にはこの文章は別媒体で以前読んだことがあったのですが、文芸誌にて再読)
こういうカタカナ語は時代とともに変化していく、というようなことが書かれていた。たとえば、「カンファレンス(会議)」は少し昔「コンファレンス」と言われていた。
「カンファレンス」のが“ネイティヴ”っぽくてカッコよさげだから変化したのかもしれないけど、もっと言うなら「カンファランス」のがより“ネイティヴ”に近いらしい。今後「カンファランス」に変化していくのだろうか。前述の「コンプライアンス」も「カンプラインス」とかになるのか、それかさらに略されて「カンプラ」となるか。
しかし、そもそも“ネイティヴ”という言い方があまりよくなくて“標準的なアメリカ英語”くらいの感じでいい。土地言葉も標準語も“ネイティヴ”なのだから。と、筆者。

で、これを全てのカタカナ語に言い出すと、ほんとにキリがなくなってくる。
ソックス(靴下)は、サックス。
サックスは、セックス(厳密には“サ”と“セ”のあいだ)
・・となって、セックスの行き場がなくなる。とか。
アイポッドは、アイパッドになるから、アイパッドがアイペーになる、とか。
もうパンドラの箱あけてしもた状態。

あと、日本語の発音では通じん日本語英語のことも。
“ウォーター”って、通じんらしい。
どっちかっつったら、“ワドォ”って感じ。
だから、英語圏に行くことがあったら言ってみてください。
ミネラル・ワドォ!
カルピス・ワドォ!!
スモーク・オン・ザ・ワドォ!!!
・・と文章は締められてます。おもしろい。

同じようなことを、ピーター・バラカンさんの本でも書いてたな。アーティスト名とか、もう僕らの中でカタカナ表記で染み付いてるじゃないですか。
いまさら、発音違うって言われても。
レッド・ゼペリンは無理ですよね。。

しかし、バラカンさんは結構こだわりがあるようで、こんな本「猿はマンキ、お金はマニ」
も出されてるみたいです。
(今は廃刊になってるようで、Amazonは割高でした。ご注意を)

それを言い出すと、ポルトガル語から派生した外来語とか、もう日本語として使われてたりするしなぁ。
カルタとか、金平糖とか、たくさんあった気がします。でもこれらは残るべくして残ってきたのだろうし。

和製英語も同じなんだろうな。結局は淘汰されていく言葉もたくさんあって、残っていくものは良いものか良くないものかは、もう好みの範疇なのかもしれないです。

和田アキ子が“カメラ”のこと絶対“キャメラ”て言うのとか、高校の時の数学の先生が“ページ”のことを“ペーシ”て言うたり、“エックス”を“エッキス”って言うたり、みんな実は後世に残したいから言うてるんかもしれない。

どうでもいい話ですけど。

実家に帰ると、母親は方言の話をよくする(同じネタも度々あり)。でも、楽しい。
方言ネタ(泉州弁)については、また機会があれば書こうと思います(誰が興味あんねん)。

年を重ねていくにつれ、方言は大切にしたいと思うようになってきた。
言葉は時代とともに変わっていく、って話は前にもちょっと書いたことがあるけど、
ブログ「“ほぼほぼ”と“本間”」
自分が“良いなぁ”と思う言葉は積極的に使っていきたい。逆もしかり。
とはいえ、ついつい出てしまう流行語とかもあります。話す言葉も、文章も、少し意識するだけで違ってくるので、気をつけようと思う。

だから、ぼくは「リスケ」は使いません。
あ、友人をディスってる訳ではないです。

あ、“ディスる”って・・。
2017.09.11 / Top↑
ワンドロップの飛び入りライブに行ってきました。
人前で歌うのが久々だったので、緊張するかなと思ったけど、意外と、というか、すごい楽しかった。
森下さんの音響の安心感たるや。
この日の昼ぐらいに出来た新曲も含めて3曲演奏しました。
行って良かった。色んな人にも会えたし、6月の演奏の時のモヤモヤが吹っ飛んだ気がします。

10月にライブが決まりました。
2年に1度のお祭。
新しい曲もやりたいなぁ。

2017/10/22(日) 井川みかん園『orange festa 2017』
2年に1度の収穫祭!農 MUSIC!! 農 LIFE!!
http://www.ikawa-mikan.com/ ※雨天中止
10時開場 Live 12時30分〜 16時閉場
料金:800円(みかん食べ放題) 駐車場:無料
出演:ふたりゴーシュ、ヒトリバンケット と いとうゆきこ、dracaena、FootooThe 9
Foodや各種出店も有ります。
Food&Drink:food labo、cafe unji、nimbus coffee
Shop:omou、canvas&co.、Honey Brown、Hug
みかん食べながら、芝生の斜面でゆっくり楽しみましょう◎
2017.08.24 / Top↑
先日立ち読みした若林さんの本「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」を購入しました。

書き下ろしのキューバ旅行記。

キューバに行くことに至った動機や、彼が旅先で感じたこと、年齢が近いこともあるかもしれませんが、共感する部分がたくさんありました。

社会主義国のキューバと、新自由主義に突き進む我々。その対比がタイトルとも呼応する。

広告のない町。クラシックカーと美しい街並。通りを行く人たちの表情の豊かさ。
しかし、負の部分がないわけではない。
かたや、我々が競争社会で手に入れたもの、それと引き換えに失ったもの。勝ち組、負け組。格差社会。
短絡的な考えで、どちらがいいとは言えない。バランスをとらなければならない(それが難しい・・)
そういう正直な思いが書かれていた。
そして、彼がこの旅で見つけたもの。後半は少しホロリとさせられてしまった。

キューバの現状をネットで調べてみたけど、あまりわからなかった。
カストロが亡くなって、アメリカと国交回復したと思ったら、大統領が変わってまたわからなくなっていることもあるし、今後ちょっと気になる国です。

近いうちに1度は訪れてみたいと本気で思った。
2017.08.22 / Top↑