ここのところ、柴田聡子『愛の休日』をずっと聞いています。少し前の記事でも書きましたが、丘本浩一くんのblogがきっかけで購入。
旧譜もいくつか買いました。

はじめは、メロディーの良さとか声の質感が心地よいなぁと思っていたのですが、すぐにその歌詞の凄さに圧倒的に打ちのめされました。言葉に殴られた感。


恋にうつつを抜かし尽くして
抜かすついでにちょっと転んで
季節は来るより行くばっかりで
犬も食わない幸せな朝

遊んで暮らして思いつくのは
らららとるるるとらららだけ
(遊んで暮らして)

この『遊んで暮らして』は個人的にアルバムの中で1番好きな曲です。

言葉選びが本当に凄いし、耳に残るメロディーやポップセンスは天性のものな感じがする。
本人が望むかどうかは別にして、星野源さんのようなポップアイコンになり得る存在ではないかと思いました。

西野カナ氏とかを聞く若い女の子にもオススメできそうな耳心地の良い音楽。
内包されている狂気とか、ひどく切ない感情とか、そんなところは全然違うけど、多くの人が耳にする状況になればいいのにな。

小沢健二さんが、2015年に「岡崎京子展によせて」で書いていた文章にこういうのがある。

“例えば、今どき「みなさん」には時間とか気持ちの余裕がない。社会がそうだから、仕方ない。
そういう中で「みなさん」は今、簡単でわかりやすい歌詞を求める。みなさん、複雑な歌詞に付き合う時間も、好奇心も、気持ちの余裕もない。瞬間的に共感できる、わかりやすい歌詞が欲しい。
だから、例えばテイラーさんの歌詞は、意図的に薄い、わかりやすいものになっている。彼女は才能を捧げて、そういう歌詞を書く。
りりこの「ホラ こういうのって 聴きたいでしょ?」のように。
りりこの「これはあたしが言ってんじゃない あんた達が言わせてんのよ」のように。
その時代のスターの歌詞は、その時代の「みなさん」のレベル以上にはならない。それは「みなさん」が書くものだから。
良い悪いではなくて、そういうもの。
スターがやることは、スターが決めるのではない。「みなさん」が決める。”

ふむ、なるほど。きわどい。柴田聡子が流行歌みたいに広まるかどうかはきわどいかもね。

でも、この音楽はきっと誰かを救っているのだろう。
スポンサーサイト
2017.07.20 / Top↑
音楽を聞いて癒される。
でもその音楽を鳴らしてる人は、別に“癒そう”って思ってやってるわけじゃなかったりする。
逆に“癒そう”って思ってやってしまうと、本当の意味で人を癒すことはできないのかもしれない。

なんか当たり前のことを書いてしまったような気がする。

その演者が“癒されました”と聞き手から言われたとき、“自分はそんなあなたに癒される”って、なんと素晴らしいのだろう。

捉え方は、人それぞれ。

だから(ちょっと話はズレますが)「大切な人を思い浮かべながら聞いて下さい」とか言ってしまう歌い手さんは、苦手なんよね。ほっといて。
2017.07.18 / Top↑
「岡崎に捧ぐ」という漫画を最近読みました。
わたしがオススメするまでもなく、調べると2016年の本屋大賞ランキングにランクインするなど、話題の作品だったようです。まだ連載は続いてるみたい。
元々はwebで公開していたものが1000万件を超える閲覧があり、そこから連載につながった作品のようです。

作者の山本さほさんは31歳(2017年現在)。
少し下ですが、同世代。
30〜50代くらいなら、この漫画を読むと響くものがあると思う。もちろん今の子ども世代や若者が読んでも面白いとは思いますが、同年代の方なら違った感覚をおぼえるように感じました。わたしは笑いながら泣きました。

お話は、山本さんとその親友岡崎さんの出会いから始まる。時代は今から20数年前くらい1990年代。作者が小学生の頃のお話。ちびまる子ちゃんと違って、登場人物は年をとっていく。
実話を元に彼女たちの日々の遊びや学校やそれぞれの家での話を中心に物語はすすむ。

ゲーム好きの作者による、ファミコンあるあるとか、当時の小学生あるあるなどが楽しい。ゲーム好きならなお楽しめる。笑いのセンスがとても秀逸だと思う。

しかし、ノスタルジーに浸るだけではなくて、物語の中で現在の“山本さん”が俯瞰して彼女たちを眺めている。

子どもの頃には気付けなかったけど、いま思い出すと理解できることや、本当の意味がわかったりすること。

逆に、大人になるにつれ、色々な経験をすることによって、排除してしまう感覚や、型に嵌め込んでいってしまう考えとか。

何が正しいとかは全然わからないけれど、もう少し自由で寛容に生きてもいいんじゃないかと、気持ちがフッと楽になる作品です。

まだ連載が続いているので、これからの彼女たちのいく先を楽しみに待とうと思います。
2017.07.13 / Top↑
少し前のblogにも書きましたが、このところ映画をよく見ています。と言ってもDVDですが。
先々月くらいから、大体月に15~20本ほど。
仕事へ行く前の時間と仕事の休憩時間などを利用して、ちょこまかと。

名作と言われるような作品も結構見てないものが多いなぁと思い、とりあえず自分なりにリストアップして見ることにした。
金曜ロードショーとか日曜洋画劇場とかで見たことがあるような気もするけど、ちゃんと見てないのが多い。

職場の人に“一番好きな映画ってなんですか?”と唐突に聞いてみるという試みもしてみました。
即答する人もいたり、1本に絞るのができなくて何本か言ってくれる人もいたり様々でおもしろい。

職場の人のオススメ一覧。

「ペーパームーン」
「ミッション・イン・ポッシブル」シリーズ
「仁義なき闘い」
「愛のむきだし」
「テルマエロマエ」
「君に読む物語」
「陽の当たる教室」
「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のシリーズ
「グーニーズ」
「ベストキッド」
「酔拳」などカンフー系
「スターウォーズ」などのSF系
「アンフェア」
「ショーシャンクの空に」
「バック・トゥー・ザ・フューチャー 1」
「ハルク」
「スタートレック」
「男はつらいよ」シリーズ
「有頂天ホテル」(三谷幸喜作品もの)
などなど。

半分くらいは見たことあるかな。
自分は、好きな映画を尋ねられたら「ギター弾きの恋」と答えるようにしてます。
とはいえ、音楽も本もそうですが、ひとつに決めるって難しい。

職場の人たちのリストの中では「ペーパームーン」がすごくよかったです。
有名な映画のようなので、見たことある方も多いかと思いますが。

こんな節操のない見方でいいのかと思いながらも、楽しく見ています。
あなたの好きな映画はなんですか?

あと、最近読んでおもしろかった漫画は「岡崎に捧ぐ」と「るきさん」

禁酒、終わりました。スコール。
2017.07.12 / Top↑
“政治と関係ないところにいたい”って、言ってた人がいたな。現代社会で生きてる限り、どこかで政治と関係してるような気もする。

政治の話なんかしたくないって、ぼくも昔は思っていた。そんなことしてるヒマはない。やりたいことをできるし、自由だ。自由とは何なのかって、それを考えたりすることだって自由だ。

音楽とか、芸術とか、素晴らしいものに触れる。
恋をする、歌をうたう、食べ物をつくる、食べる。
それができる。

それらもやっぱり、どこか政治と切り離せない。
自分が大切にしているものや、奪われたくないもの、それを脅かされるかもしれない。
でもまぁそれも受け入れるから、別に政治のことを忌避してもいいのか。わからん。

他人はどうだかわからないけど、ぼくは“知ってたい”って思う。
議論したくないって、だれかが言うけど、ぼくはアホやから、自分の知識だけではなんともはやだ。
だから、対話する、それは議論になるかもしれない。

知りたい。知っていたい。
それによって世界の見え方は変わる。かもしれない。

センスよく生きてるように見えても、やっぱりどこか狂ってるんだ。その原因というか、根本は、歴史の歪曲だったり、教育だったり、権力者のやり方だったり、そういうことだったりする。

それは、“政治”というものとつながってしまう。

タブーみたいな雰囲気とか、議論するのがダサいとか、そういうのなくなればいいのに、と思う。

政治についてどう思ってるか聞きたくないねって、そんな気持ちもわかる、って、そういう風に思っちゃう感じがあるやん。

それもなんか違う。

外国がどうとか、日本がどうとか、そういうのもあるけど、誰か一部の人たちの手の中で転がされている感じがするのはなんか癪やん。

だから、知りたい。そのためにあなたの意見も聞きたい。対話したい。議論になってもいい。

と、ぼくは思う。

わけわからんけど、なんかモヤモヤしてた。

以上、雑文でした。

2017.07.08 / Top↑