先日、家族4人揃って映画を見てきました。
昭和町のとある店舗のスペースを使っての上映会で、小さい子もOKということで。

『ある精肉店のはなし』という作品。
監督は、纐纈(はなぶさ)あや さん。
『祝(ほうり)の島』という、山口県祝島の島民たちの原発建設反対のたたかいを描いたドキュメンタリー作品も作られている方。こちらはまだ見たことがないのですが、気になっていた作品。また機会を作って見ようと思っています。

さて、精肉店のはなし。
江戸時代から145年。7代にわたり、牛の屠畜を生業としてきた一家のドキュメンタリー。
自分たちで牛を育て、それを屠畜し、精肉して、自分たちで売る。全ての行程をやっている、今となっては大変珍しいやり方をしていた北出精肉店のすがたを描いています。

まず、北出精肉店が貝塚市ということで、かなり親近感がありました。北出一家の雰囲気とか、泉州弁とか、自分の地元のあるあるな感じで。

屠畜のシーンは、予想していたよりも衝撃的でした。手塩にかけて育ててきた牛を、まずハンマーのようなもので額らへんをど突いて失神させます(このとき牛には目隠しをしている)、そして頸動脈を切って絶命させ、皮を剥ぎ、解体していく。

映画終了後に、この屠畜の取材をした作家の方のお話も聞けました。
北出さんのこの屠畜のやり方は、かなり原始的なやり方だそうなのですが、現在の屠畜の方法も、“牛を失神させて頸動脈を切る”という基本的なことは変わっていないそうです。それを行う道具などは、効率化されているようですが、牛が一撃で失神しなかったり、現在作業をされている方(そちらも取材されたそうです)も、時々命の危険を感じることがある、と仰っていたそうです。

スーパーや精肉店に並んでいるお肉がそういう行程を経て、僕らの食卓に並んでいることを、大人になればなんとなくわかっていたように思っていたけど、目の当たりにした(映像ではありますが)光景はやはり強烈で、否応無しに“食”について考えさせられた。月並な意見ですけど。

その作家さんは、その屠畜を見た直後は牛肉を食べられへんと一瞬思ったらしいですが、昼ごはんにステーキをガツガツたいらげたそうです。
人によって違うかもしれないけど、そういうものなのでしょう。

映画で印象に残ったのは、北出さんが「この仕事に誇りをもつとか、特殊な仕事とか、そういうことは思わない。普通の仕事なんです」と言っていたこと。
その言葉は、以下の話に繋がります。

屠畜・精肉という話になると、やはり“部落”というキーワードにぶち当たる。
映画の中でも、もちろんのこと語られています。

自分の住んでいた泉佐野市にも“被差別部落”と呼ばれていた地域があり、小学生の頃から所謂“同和教育”がさかんに行われていた。
祖父母世代は、“その地区の子と遊ぶ” というと、ハッキリとは言わないけど、あまりいい顔はしていなかったように思う。差別的な気持ちはあったのかなかったのか、今となってはわからないけど、昔からの擦り込みもあったのだろうな。
親世代、僕らの世代となるにつれ、そういう感覚は薄れつつあるとは思うけど、完全になくなっているとは思えない気もする。

実家にあった『やさしい部落の歴史』という本を久々にひっぱり出して読んでみた。1969年の本。50年近く前なのか。

これを読むと、部落差別の構造がよくわかる。
ひとつ言えるのは、支配者や権力者がある層の民衆たちの矛先が自分たちに向かないように、身近な存在としての差別対象を作るということ。
これはいつの世も行われてきたことで、部落の人たちはその支配の道具として利用されていたに過ぎない。

本文より
“同じ人間の中に、支配する人と、支配され搾取される人の別が生じ、支配する人たちが自分たちの支配をゆるぎないものにするために、身分の差別をつくったのです。そして高い身分のものは、苦しい肉体労働をせず、支配されているもののみが、労働を強制されました。ここから人を支配する仕事、精神的な仕事は「尊い」、肉体労働は「いやしい」という考え方が作られたのです。やがて肉体労働のなかでも、とくに苦しい、あるいは不快な仕事は、だんだんと一番低い身分のものにおしつけられていくようになり、ついに一定の仕事と一定の身分がむすびつけられて、「いやしい人」のする仕事が「いやしい職業」と考えられるようになったのでした。だから「いやしい職業」がまずあって賎民ができたのではなく、人間に尊い人間といやしい人間の差別をつくり、いやしい人間のすることが、すべていやしいと考えさせられていったのです。考え方がまったく逆立ちしていることがわかるでしょう”

ちょっと長くなりましたが。
これを読むと、差別は形を変えていつの世も民衆の中に紛れこんでいるんだなぁと思う。
でも、それに気づく人たちもいつもいるのだ。
中江兆民とか、植木枝盛とか、すごいな。
安藤昌益は(怒られるかもしれんけど)、ちょっとポルポトっぽくて危険な感じに思ったけど。

今の世も、建前としては“奴隷”っていないようなことになってるけど、実際はそうではないことはなんとなく誰もが感じていると思います。
宮台真司氏のいう“野放図なグローバル化”はアカンと僕も思う。

話がだいぶ逸れてきたので、この辺のことはまた別の機会に。

なんというか、矛先を間違えたらダメなんよなぁ。
声をあげる人がいたから、今の僕らがいる。この先もそうなのだ、ということを忘れずにいたい。

映画はとてもよかったので、興味がある方は是非。
スポンサーサイト
2017.10.13 / Top↑
ベーシックインカム関連の勉強の一貫として積読していた「機械との戦争」(原題は「Race Against the Machine」というのもシャレてます)を読みました。
2013年の本なので、最近色々と調べていたことと内容はそんなに変わらなかったですが、“AIに仕事を奪われる”のではなく、比較的楽観視していて、ではどうすれば良いのか、という提言も為されていました。
でもやっぱり内容は日々抜けてくなぁ。こないだどんな本か説明しようとしたら、うまくできなかった。
繰り返し、勉強は続きます。

ここのところの攻殻ブームでタチコマの本(愛らしすぎます)を買ったり、「ライ麦畑でつかまえて」を再読したり、息抜きもしてました。
が、ライ麦が思いのほか読みづらくて、遅々として進まないので、別の本に移行。

「図書室のキリギリス」と、その続編「図書室のピーナッツ」を読んでました。
学校の図書館司書さんの話で、作中に色々な本のタイトルが出てくるので、読書好きの人はより楽しめる内容になっています。自分ももっと学生時代に本読んでおけばよかったなぁとしみじみ思いました。
話の中で出てくるカフェのシステムがとてもよくて、将来自分が店を出したら採用したいと思った(完全に妄想)
そのカフェは本好きの店主がやっていて、店には本棚があり、たくさんの本が置いてある。
常連のお客さんは“マイ栞”があり、読みかけの本に挟んでおける。その栞は別の人が読むときもそのままにしておくルールがあって、ときに同じ本を読んでいる人同士の交流がうまれたりする。っていう。いいやん。

で、そのなんとなく見つけた「キリギリス」の方を読み終えて、おもしろかったので、「ピーナッツ」も続けて読んでいると、小沢健二氏の「うさぎ!」が話の中に出てきて、予想していなかったので、それにはちょっと興奮した。
作者の方も理解度が高くて、「うさぎ!」について学生や司書さんや先生が討論している場面は読みごたえがありました。

最近読んだ本のコーナーでした。
2017.10.10 / Top↑
攻殻機動隊、完全にハマってます。
やっとアニメシリーズを一通り見終わりましたが、既にもう一回アタマから見返したくなってる。
セリフのボリューム感、あまり説明しないS感、伏線の多さ、内容の深み、キャラクターの魅力。
おもろいです。

印象に残ったセリフシリーズ。

クゼ「俺は半島での出来事で人生を達観した。矛盾した秩序、強者による搾取、腐敗した構造。だが俺を最もがっかりさせたのは人々の無責任さだった。自分では何も生み出す事無く何も理解していないのに、自分にとって都合の良い情報を見つけると逸早くそれを取り込み踊らされてしまう集団。ネットと言うインフラを食いつぶす動機無き行為が、どんな無責任な結果をもたらそうとも何の責任も感じない者達。俺の革命とはそういった人間への復讐でもある。」

2nd GIGの後半くらいのセリフなんですけど、アニメの放映は2004〜2005年。インターネットの家庭普及率が増え始め、mixiができたのが2004年。ツイッターの開設は2006年。なかなかすごい科白だと思います。

教育の問題もあるけど、今の日本人の事なかれ主義とか、政治に対する無関心、関心あるように見せて、実はよく考えずにネットに流布する愚者たち。
それに対するアンチテーゼに見える。

知ってる風を装って、真剣に向き合っていこうとしてる者を揶揄したりするのはもうやめにした方がいい。

もっと、世の中で起きていることに興味を持って生きること。それは暮らしの中での判断材料に必ず直結する。
選挙もそう。

そういう人が増えていかなければならないと思う。
僕らは馬鹿じゃないのだ。それを示すために。
2017.10.07 / Top↑
攻殻機動隊SAC、2nd GIG。もうちょっとで見終わります。

1つめのシリーズの方は、薬の利権。2nd GIGは難民問題。
10年以上前の作品ですが、現在の社会が抱えている問題を取り扱っている。(いや、当時もあったのか。自分が知らなかっただけで)

薬の利権問題については、今、自分の子供たちが受けている(受けさせられている)予防接種のこととリンクした。
定期検診にいくと、当たり前のように0歳児に対して生後2ヶ月くらいから、接種ラッシュをすすめられる。接種の行程表みたいなものを渡されて、「予防接種デビュー」なんて書かれている。

一回で4本いっぺんに打たれたり(両手両足に打つのだ)、それはそれで違和感を感じていた。

小児科医に「これって、ほんとに必要なの?」と疑問をぶつけたこともあった。
答えは「アメリカじゃ、もっと多く打ちますよ。これぐらい普通ですよ」と。
今考えると、アメリカはもっと薬利権があるから、それは答えになってないと思う。

でも、上の子の時は、とりあえず言われるがままに全て打った。

その後、妻は自分なりに色々と本を買ったり、ネットで見たり、予防接種の危険性(副作用)とか、メリット・デメリットを調べていた。
僕も遅れをとりながら、妻の話を聞いたり、本をかいつまんで読んだりしました。

結論としては、言われるがままに全てを打つ必要はないのではないか、ということ。

下の子はこれから予防接種がはじまる。少し考えて一部のものに関しては“打たない”という選択肢も考えています。

なんでもかんでも“お上や専門家が言うのだから、間違いない”というのは、間違っているように思う。
疑心暗鬼になりすぎもよくないけど、何も考えないのはもっとよくない。
自分たちや、子供たちが、生きていく中で、何をどう判断するかは、(政治のことも含めて)受動的でありすぎてはならない、とかそんなことを攻殻機動隊を見ながら感じていた。

2nd GIGの難民問題は、まさに現在の日本が置かれているような状況に他ならない。
北朝鮮が核を持つ理由と、日本の立場。
攻殻機動隊の社会背景とは違う部分も当然ありますが、根底にあるものは同じように思う。

攻殻機動隊は印象的なセリフがたくさんありますが、2nd GIGのある回でのバトーのセリフと、昨日見たNHK「SONGS」の小沢健二氏のモノローグが自分の中で繋がった。
世の中のことを考えている人はたくさんいて、誰かの言ってることや書いてることが繋がる瞬間っていうのは結構あって、それを感じれた時はとても嬉しいし、励みになるような気がします。

バトー「 人類の歴史は神話や伝説といった類をプログラムした権力者達によって作られてきた訳だからな。(後略)」

小沢健二「人はみんな自分をよく見せるために神話をつくる。」

ニュアンス違うし、無理矢理な感じもしますけど、“神話”というキーワードが僕にそう思わせたのかもしれません。
権力者たちが作る“神話”と僕たちがSNSで作る“神話”。それは似たようなものなんじゃないかなぁって。
なんとなく、なんとなく、なんですけど。

思考は続きます。

ではまた。
2017.10.06 / Top↑
最近、カーテンズのヨースケくんに貸してもらった「攻殻機動隊」シリーズを見ています。そして、ハマりつつあります。
今までなんで見てなかったのか、後悔したほどです。

このところ、気になっているAI関連のこととか、前にちょっと書いたカーツワイルのシンギュラリティの話とか、はたまたベーシックインカムとか、そういったものに繋がりそうで、かなり興味深く見進めてます。
士郎正宗氏の先見性は、ほんとに凄いです。

サリンジャーの本も久々に読み返した。

お借りしたDVDの巻末には、関係者(監督や声優など)のインタビュー的なものが収録されていて、それもまたおもしろい。
中でも、音楽を担当されている菅野よう子さんが印象に残った。あの音楽を作ってる人がこんなチャーミングな人やったんや、と少し驚きつつ。

シリーズ全部見終わったら、誰かと喋りたいです。
とはいえ、かなり伏線とか多そうなので、見返しもしたいなぁ。
2017.09.28 / Top↑