文章を書くのは難しい。
訓練だと思って最近は書いています。
自分の頭の中の整理も兼ねて。

このインターネットの時代でブログやSNS、ネット上での表現媒体は、それこそ玉石混淆に溢れかえっています。どのくらいの人が読んでくれているかは定かではないのですが、ここを読んでいただいているのは嬉しくも恐縮します。

少し話は変わります。
2~3年前の統計ですが、漫画や雑誌以外の「本」を全く読まない人は、日本人全体47.5%だそうです。

ひとりの人間が一生に読める冊数は、1年に100冊ペースの人で60年読み続けたとしても6000冊。
日本で発売される新刊が年間約80000冊。一般的な図書館の蔵書は約100000冊くらいらしいですから、その1/10すらも読めないのか、と愕然としますね。

とはいえ、“本を読むこと”が目的になってしまうのはよくなくて、その人なりに味わえれば冊数とかどうでもいいことなんですけど。

個人的にはよく積ん読をしてしまって、まだ読んでない本があるのに、次々と買ってしまうこともありますね。

そんな中でよく思うのは“ひとりの人間が全てのことを知ることはできない” ということ。
ぼくが知っていることをあなたは知らなくて、あなたが知っていることをぼくは知らない。
だから、知らないことを教えあったりするのが楽しいんじゃないか。
・・というようなことを先日までやっていたドラマ「カルテット」で言っていた。
これはほんとそうだと思う。

それとは別で、同じ本や音楽を知っていて、それを共有するのも楽しいことですよね。
ある知人のバンドには“課題図書”があるそうです。とてもいいなぁと思う。

このブログでも勝手気ままにド凡人がたまに書評なんぞ書いてますので、何かきっかけになったら嬉しいです。
スポンサーサイト
2017.04.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sbmrt.blog69.fc2.com/tb.php/484-9ef70852