細野晴臣さんの本を読みました。
対談形式になっている一冊。
聞き手は鈴木惣一朗氏。

出だしに書かれている“ぼくはいつもブレている”
という言葉がまず素晴らしかった。
振り子だって、綱渡りだって、揺れながらバランスをとっている。揺れながら真ん中を歩く。中庸。

普段、音楽の番組とかで出てるときにはあまり仰ってない政治的なこととか(ラジオではたまに言ってはるみたいです)も書いてあって、すごく興味深かった。
小沢健二氏と言ってることが似てるところもあって、見えてる人には見えてるんやなぁと。
その他にも話題は多岐に渡っていて、スルスルと読了。おもしろかった。鈴木さんのあとがきも素敵。

動物や自然への畏怖とか、ネイティヴ・アメリカンの祈りの話も出てきて、世の“細野さん好き”からしたらそんなにマニアではない私ですが、細野さんの感覚はやっぱりいいなぁと思いました。

かたや、AI関連の本で読んだ、人間がコンピューターに組み込まれて永遠の命を得るという話。
全てのものが効率化していくことに陶酔する人たちが世の中にはいる。それを推し進める中で恩恵を僕らが受けることもあるけど、一線を超えてしまったら、全てのバランスが崩れて崩壊に向かう気もする。
なんだかスケールの大きな話になってしまいそうだけど、人工肉(牛や豚などの遺伝子から、ロースとか部位だけを人工的に作れるようになってきてるらしい)の試食会が既に開かれていることとかには違和感を感じたりする。
人間はどこまでのことをやってしまうんやろう。

天空の城ラピュタでシータが言ってた
「-土に根を下ろし 風と共に生きよう 種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう-
どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ」という科白を思い出す。ラピュタ好き。

世界が向かっていく方向には、抗えないのかなぁ。
細野さんは、安倍首相が「美しい国」って言ったとき“怯えた”って。だから、何か感じることがあれば、小さな声でもいいから発信すべき、みたいなことを言ってた。

“いいこと”って何なんだろうか、ますますよくわからなくなるけど、自分の感覚を養って、暮らしの中で選択を迫られる時に、良い判断ができるようにしたい。

ブレながら、揺れながら、中庸に。
スポンサーサイト
2017.08.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sbmrt.blog69.fc2.com/tb.php/506-dffddd04