お盆休みは実家でゆっくりしていました。
ある朝、家のテレビがついていて、見てなかったんですが、ニュース速報の音がした。
何かと思ってみたら「4〜6月期のGDPが何%か上がった」とかそういうことだった。

そんなもん速報で伝える必要があるのか。毎年流れてるんかな、これ。
お盆で何気なくテレビ見てる人が多いやろうときに、これを速報で出すというのは、考えすぎかもしれないけど何か意図を感じてしまった。

そもそもGDPという指標に関して、それがイコール“豊かさ”ではない、ということがある。
例えば、家事やボランティアはこれには含まれない。
家政婦やベビーシッターは換算される。

少し話は変わりますが、うちの姉はイタリアがすごく好きで何度か訪れていて、イタリアの生活のリズムや店の接客が日本とは違って良いというようなことを言っていた。

例えば、これは一般的なイタリアの勤め人の事例ですが、朝食は行きつけのカフェでゆっくり食べて、店主や友人と話をしてから出勤。
昼休憩は2時間あるらしく、家へ帰って家族と食事をゆったりとったり、なじみのお店に行ったりする、という感じらしい。

あるお店の話では、閉店時間が17時の店があって、まだ人が並んでいるのに、17時になったら御構い無しに閉店。それに対して並んでた人たちは文句ひとつ言わなかったそうです。しょうがないね、アハハ、また明日。みたいな。

あと、イタリアはいまでもスターバックスがない。
宗教的な理由もあるみたいですが、法律で24時間営業は禁止されていたり。世界的なチェーン店が進出しにくい土壌があるようです。

いつしか、ある日本のマクドナルドの店舗が、従業員が笑顔で接客しているか、監視カメラでチェックしている、というようなことを何かで見たことがある。

そんな作られた笑顔や、チェーン店だらけの、マニュアルまみれの、心のない人と人とのやりとりとか(全員がそうではないとは思うけど)、なにが豊かさなのか。

数字上では、イタリアの失業率はとても高い(若者の失業率はさらに高い)。
もちろん生活の苦しい人もいると思う。
姉は、イタリア旅行でひったくりの被害にもあっていたりする。
旅行でちょっと見ただけのことを、さらに話で聞いただけやし、少し調べたりはしたけど、実際のところは、住んでいる人がどういう気持ちなのかはわからない。
でも、24時間営業禁止とか、チェーン店が少ない、とかは良いなと思う。

日本は、“お金”や“経済力”とかが異常に重んじられすぎてる気がする。

働きすぎ、というか、ゆっくりとモノを考える時間を削らされてるような。長い休みをとって旅行したり、リフレッシュするのはいいかもしれないけど、短い休日にも細かい消費ばっかりさせられているような。

豊かな気持ちとか、人生とかって、そういうことじゃない、と、個人的には思います。

平和でいい国。それはそう。もちろん。
その恩恵を受けて暮らしている。
でも、いつしかどこからか捻じ曲がっている部分もあるように感じる。

なんかこんなこと前も書いたな。

まぁ、それはそれとして。

休みがとれる人はどんどん取ったらいいと思う。
とれない人の為に。
スポンサーサイト
2017.08.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sbmrt.blog69.fc2.com/tb.php/509-788fe4e7