FC2ブログ

羽生くんがオリンピックでメダルを獲得した後のインタビューで、国旗を大切にする(「国旗を下に置くことはできないので・・」という彼の言葉が印象的な)動画がSNS上で拡散されていた。
それをしていた人たちの賞賛の仕方とか、これをネタに「パヨクよ、見たか!」みたいな言説とか。
それを見ていて、“ステイティシズム”と“ナショナリズム”の話を思い出した。
前者は「国家を崇拝しろ!」みたいな感じ。
後者は、自分たちの暮らす郷土や(中央政府ではなく)“くに”を愛すること、というような解釈。
スポーツ選手は、オリンピックなどの国際大会で“国を背負う”というようなことをよく言われる。
もちろん、自分の暮らしている国を愛して、誇りに思う気持ちは素晴らしい。
しかし、個人的な考えを言うと、メダルが取れなかったときに謝る選手がいたりするのは、いたたまれない気持ちになる。わざと負けに行く選手なんかいないのだから。プレッシャーとかが過度にかかってしまったことによる悲しいニュースも過去にあったりする。
ちなみにオリンピック憲章では、“オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない”と書かれているそうだ。
だから、国旗とか国歌とかのことをどう思うかは、選手の自由だ。そもそもこういうことが政治や思想の話に転換させられているのは日本特有と言ってもいいかもしれない。他の国では国歌を歌うという行為に関して揉めるみたいなことは、まぁない。
戦後の占領政策とか、象徴天皇制とか、結局はそういうことに振り回されていて、分断が起きてるってだけなんやろうな。

“国を愛する”って、感覚は難しい。
例えば、スウェーデンでは、「戦争がおきたら国のために戦うか?」という質問に対して、20〜30代の若者の80%近くがイエスと言っている。
同じ質問を同じ年代に日本ですると、約15%だそうだ。
この感覚はなんとなくわかる気もする。
たぶんスウェーデンの若者がそうなるのは、スウェーデンという“くに”も“政府”も信用してるし、“政府”が国民のためにきちんと政策なりを真っ当にやってくれている感覚があるからなのかもしれない。
日本の若者は、日本という“くに”は好きだけど、“政府”のことはキナ臭く感じているからではなかろうか。大企業や投資家たちを利して、労働者を食いモノにする政策がバンバン通っていって、それに関心がある人はもちろん、そもそも政治に関心がない人たちが、この国のために戦うはずがない。そう仕向けてきたのは為政者の方だ。
この国の若者の満足度が高いのは、未来が見通せないから。今とか、ちょっと先のこと、身近な人との付き合いや、娯楽や、小さな幸せの方が大事に決まってて、今はそれで満足なのだ。
たぶん、みんな日本という“くに”は好きなんだと思う。ある若い社会学者は「戦争が起こって、自分に火の粉が降りかかるならば、逃げる」と言っていた。大多数の人はそうだと思う。
もっと信用できる“政府”になっていって欲しいし、アスリートがプロパガンダとして利用されないように願いたい。
スポンサーサイト
2018.02.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sbmrt.blog69.fc2.com/tb.php/540-5d618f3d