FC2ブログ

久しぶりに映画館へ行ってきました。
相変わらずDVDやAmazon Primeでボチボチと映画は観てますが、やっぱり映画館はいいですね。月並ですけど。

観に行ったのは『万引き家族』
パルムドール受賞などで、何かと話題の作品。
一般公開初日ということもあって、そこそこお客さんが入っていました。わたしはお一人様にて鑑賞。
胸が締め付けられるようなシーンがあった。その瞬間に劇場全体の時間が止まったように張り詰めた感じになる。映画館の一体感はやっぱりいいよなぁ。うしろのおじさんは、溜息つきまくってたな。わかるよ。

観に行こうと思ったきっかけは、『誰も知らない』や『そして、父になる』など、是枝監督の作品はいくつか観たことがあって、単純に興味があったこと。加えて、TwitterなどのSNSやネット上で交わされいた議論についての自分なりの回答を見つけたかったから、早く観たかった。

タイトルが日本を貶めてるとか、万引きを肯定するだとか、万引きする家族の何が絆だ!・・とか、万引きする前に働けよ、みたいな意見とか。
そう言っている人たちは映画をおそらく見ずに言ってるんだろうな。観たら、言ってることが全部的外れだってわかる。

万引きは窃盗であり、実際にそれが原因で店が潰れたりすることもある。利益率の少ない本屋や駄菓子屋などは、ひとたまりもない。
僕自身も、某ツ◯ヤで働いていたときの万引きの実態には驚いた(年間1000万を超える被害のときもあった)。

犯罪なのに、軽く見られがちな万引き。
小学生の頃とかには、悪友たちとの度胸試し的な意味合いとか、通過儀礼みたいな感じとか、いまだそういう風潮ってあるんやろか。
ぼく自身は、万引きはすごく嫌いやった。いい子ぶるとかそんなことではなくて、その行為自体に嫌悪感があった。

映画での描写にもあるように、犯罪を犯してしまう理由は様々で複雑だ。
食うに困っていたり、依存していたり、行く場所がなかったり。誰もがそうなる可能性だってあるのだ。日々、消費されていくニュースや事件。紋切り型で短絡的に捉えてしまってはいないだろうか。
虐待のニュースひとつとってもそうだ。
この映画はそれを諭してくれているようにも思う。
スポンサーサイト
2018.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sbmrt.blog69.fc2.com/tb.php/549-8f943035