このところ“記憶”について考えることがよくある。
子どもが大きくなるにつれて、この子はどのくらいのことを覚えているのかな、とか、そんなことを思う。

何か文献を詳しく読んだわけではないし、ネットなどでちょっと調べただけなんですが、人間の脳の“記憶”の概念はいまのところ科学的にはハッキリ解明できていないようです。

人間は何歳ぐらいからどのくらいのことを覚えていられるのだろう。

自分のことを少し思い返してみた。

3~4歳くらいの頃に祖父の運転する車に乗っていたとき(乗っていたのは、祖父・祖母・姉・わたしの4人)、信号無視の車に突っ込まれて、交通事故にあったことがある。これは割と鮮明に覚えていて、わたしは頭に傷を負い、祖父の手のひらに血だまりができていたこと、姉が頬をガラスで切って泣いていたこと、祖母は骨折していたらしいがあまり映像的には覚えていない。
阪本外科という近所の病院にみんな運ばれた。

とか。

小学生の頃のことも断片的に覚えていたりする。
場所や匂いや音楽やそういうものが記憶を呼び起こすこともしばしばある。

中島らもさん(らもさんの引用ばかりですいません)のどの作品か忘れましたが、彼は産まれて間もないころの自分が見ていた天井の景色を覚えていて、それを母親にしたらびっくりされた、というようなことを書いていた。

僕の記憶の中に誰かいて、誰かの記憶の中に僕がいる。SNSとかで情報を入れずに暮らせば、その人は僕の中で年をとらない。ときには美化されるかもしれない。いいことなのか、悪いことなのか、それはどちらでもないと思う。

小川洋子さんの「人質の朗読会」というのを読んだ。
内容を詳しく知らずに読んだのですが、奇しくも“記憶”をフィーチャーしたお話だった。
記憶のことをずっと考えてたから、ハッとした。

あなたの記憶もわたしの記憶も大切なもの。

今まで会った人。愛した人。傷つけてしまった人。その全部がわたしにとってもあなたにとっても生きた証のようなもののように思う。

これからも僕は記憶を刻んでいく。

子どもの成長は本当に嬉しいのだ。
まだまだ生きていたいなぁ。
2017.05.29 / Top↑
スウェーデンの中学の教科書を訳した「あなた自身の社会」という本を読みました。

おそらく日本だと、大学生や社会人ですら理解しているか怪しい社会の知識を、彼らは中学生の時にきちんと学ぶ環境にあるのだなぁと思いました。
お国柄が違うとか、人口が違うとか、そういう指摘は当てはまらないということは、読めばわかります。

まず、前書きに「実社会への手引き」という言葉があります。
まさにその通りの内容が書かれていて、とてもリアリティがあります。実際に自分の生きている社会との関わりを感じながら学んでいるのだということが想像できる。
テーマは多岐に渡っています。
社会のしくみ、政治、犯罪、裁判、ドラッグ、セックス、結婚、離婚、恋愛、同性愛、障がい者、経済について、自治体について、税について、広告について、etc。。
特徴的なのは社会の“負”の部分にも綺麗事を並べずに深く切り込んでいること。

犯罪者が何故それを犯さなければならない状況になったのか、とか、その後どうなるか、犯罪者更生施設の話であるとか。
障がい者についての部分でも、お酒の力を借りないと話すことができない人を“社会的障がい者”という表現を用いたり、ひとつひとつの章がかなり突っ込んだ内容になっている。

広告についての章ではこういうことが書いてある。
「若者は映画館でライフスタイルを買う」という見出しからはじまり、なぜ企業が莫大な費用を使ってまで広告を出すのか、というようなことが書かれている。
何か物を買うとき、消費するときには、なにか裏があったり意図があったりする、というようなことを包み隠さずきちんと書いています。
その上で、判断するのはあなただということも。

そして、各章末には“課題”という項目が必ずあり、その章にあがったテーマの問題点などを生徒たちで議論する。これには解答はなく、自分たちで考えて答えを導き出すのである。

中学生という多感な時期に義務教育としてこれほどの内容を学んだり、考えたりできるというのは、非常に意味のあることだと感じました。

これを見ると日本の教科書は“詰め込み”と言われも仕方がない。公民の授業なんか、やれ議員の数だの、議席の3分の2だの、数字ばかりを覚えさせられた記憶があります。それもある意味では大事ですが、本質ではない。

日本だと、社会や経済の本当のしくみや、犯罪や障がい者についてなど、そういう類のことはあまり踏み込んで教えようとはしない。
そういうことをきちんと知らずに社会へ放り出されることになる。
そして結局のところ、社会と関わりを持っていく過程でそれらを知っていくことになるけれど、変な知り方をして誤った認識を持ったり、タブーのようなイメージを持ったり、知っていく人といつまでも知ることができない人の間で知識の格差ができたり、それが偏見やマイノリティーの生きにくさ、政治への無関心に繋がったりしてしまっているように思う。

さらに、この教科書では“社会は自分たちの手で変えられるんだ”ということを説いています。

こういうことを中学生にしっかりと教えるということは、社会の雰囲気そのものを変えることに繋がると感じました(もしかしたら、日本の権力者たちはそれをやりたくないのかもしれませんが)。

出る杭は打たれ、何かを変えようとすれば周りから白い目で見られ、いつしか自分の意見を言わないようになる。そして、不満は匿名でネットに罵詈雑言を垂れ流す。全員がそうではないけれど。

日本はとても暮らしやすくていい国というのは、みんなの我慢のもとに成り立っているような気がしてる。
我慢することとか、人に迷惑をかけないとか、日本人の美徳の部分は大いに素晴らしいと思うけど、行き過ぎてはいけない。
過剰な接客、過度なプレッシャー、モンスターペアレンツ、クレーマー。
隣人さえも信じれないようなそんな雰囲気。
多様性の許容と、寛容さ、それを学校教育できちんと教えることって大事なような気がする。
読みながらそんなことを考えていた。

あとがきの部分で触れられていますが、この本以外にも他の社会科教科書が複数存在し、もっと多角的に教えられているそうです。
そして、先生たちもこの教科書を丸々鵜呑みにして教えるのでなく、その時々で違う資料を使ったり、自由に考えながら教えているようでした。

ちなみに、この本は1997年発表です。おそらく根幹的な方針や考え方は現在も大きく変わってはないと思いますが、インターネットやSNSが発達した昨今、どのような教え方がされているのか気になるところです。
調べると、新たな訳本も出ているようなので、また読んでみたいと思います。
2017.05.11 / Top↑
CD発売記念イベントが終わり、完全に腑抜けです。

6月には主催の銭湯ライブがあるので、腑抜けてばかりもいられませんが。
5月中旬くらいにはシャキッとするつもりです。

とりあえず今は、あまり何も考えず。

とか言いながら、SNSにこのブログで書いた憲法の話を転載したら、思いのほか反応をしてくれる人がいて、よかったなぁとか思いつつ、ちょっと疲れました。

物書きでもない人間が拙い文章を全世界にばら撒くようにネット上で書くことは、それはそれでストレスになってるね。たぶん。特にわたしは小心者だから。反応とか、そういうのも気にしだすと。

んで、何をしたいんだろうかとか、自分の意見もまとまってないのに書いちゃったなぁとか、後悔したり。
でも、なんか書かずにはおれんかったり。
何してんねやろとか。

また少しのあいだネットというか、SNS断ちをしようか。

中島らもさんの「今夜、すべてのバーで」を何年かぶりに読み返した。
しばらく腑抜けます。アルコールは程々に。

スウェーデンの教科書の訳本、こないだ読了しました。またそれについても書こうかな。
これ、すごい本でした。

ではまた、そのうちに。
2017.05.09 / Top↑
5/3。憲法記念日。快晴。
北浜 雲州堂にて、ヒトリバンケット 2ndアルバム「ハローとグッバイ」発売記念ライブでした。

お昼からのイベントということで、少し早く起きて近所の公園でギターを弾いてウォーミングアップ。
それから雲州堂へ向かいました。

到着すると、dracaenaのメンバーが先に着いていて、ギターのジョニー平井くんと子どもたちが出迎えてくれた。大きくなったなぁ。平井くんもバンドでの演奏は久しぶり(あとから聞くと4年ぶりくらいだった)とのことで、本番をすごく楽しみに思いながら、自分のリハーサルへ。

リハーサルと顔合わせが終わり、演奏を手伝ってくれた いとうゆきこ氏を連れて、ちょっとだけ買い物へ。士気を高めて再び会場へ。

しばらくすると、お客さんがちらほらと来場しはじめソワソワしてきた。nyauさんの出店ブースからチャイの香りも漂い、会場も良い雰囲気に包まれ、そうこうしているうちに開演。

わたしといとう氏によるオープニングを挟み、はじめに演奏してくれたのはカーテンズ。

彼らもステージで話してくれたけど、初めて会ったときのことは鮮明に記憶しています。
前作にも今作にも作品のレコーディングにお二人は関わってくれていて、あの初対面のときには想像もしていなかったことです。いや、少しは想像していたのかも、とか考えながら彼らの演奏をみていました。

わたしは彼らの一ファンなので、ほとんど全部の曲をそらで歌えるぐらいなのですが、この日個人的には「カラーコンタクト」という新しい曲が印象的で、心を抉られながら聞いていました。

2番手はdracaena。

彼らとの付き合いもすごく長い。わたしの節目のライブには必ずといっていいほど出演してくれています。
地元が同じで、ずっと音楽を続けている盟友だとわたしは勝手に思っていて、彼らの存在がわたしの音楽活動への気持ちをいつも高めてくれています。
川俣くんのバイタリティの凄さにはいつも感服させられる。

この日の私的dracaenaハイライトは「灰がかる」でした。この曲がものすごく好きで、久々にやってくれて嬉しかった。
ギターの平井くんも4年ぶりの演奏とは思えないほど、ずっとそこで音を鳴らしているようだった。

さいごはわたしと、いとうゆきこ氏のデュオにて。
一曲目はカーテンズのヨースケくんが音源と同じく参加してくれました。

その前に、オープニングでやった曲のことを少し。
このイベントをしようと決めてから書き下ろした曲で、アルバムタイトルになぞらえて作りました。
いまの自分にとてもしっくりとくる曲が出来上がったように思います。

【SET LIST】
(OP) 泡沫の日々

(本編)
1.さいごの朝(with ヨースケ[from カーテンズ])
2.カーテンの唄
3.タイプライター
4.春の唄
5.アトリエの少年
6.公園の唄
EN.暮らしの唄

いとうゆきこ氏にトランペットとメロディオンとコーラスで参加してもらい、アルバムの曲順どおりに噛み締めながらの演奏でした。

レコーディングは2014年から2年半くらいかかりました、といっても飛び飛びの日程でやっていたので、そんなに長くなってしまっただけなのですが。
とにかく、色んな人たちに助けてもらってリリースすることができた。しんどいこともあったし、悩んだこともありましたが、作れてよかった。
発売記念ライブを終えて、とりあえずホッとしています。

またこのCDを持って、いろんなところに歌いにいけたらなと思います。

この日関わってくれた全てのみなさん、ありがとうございました。

また会いましょう~。

【今後のライブ予定】
2017/5/21(日) 和歌山 一灯舎
『ガーデンライブ vol.40 in 一灯舎』
11:00〜16:00
※ライブの出演時間は未定です。
¥入場無料 (駐車場代 100円)
出演:TOY BOX、くりすたきじ、SEIZY、ヒトリバンケット、野澤大輔、松本陽太 他
FOOD:一灯庵、ミホズキッチングルテンフリースイーツ、ナカタのパン
出店:エステティックサロン・セレニテ

2017/6/4(日) 大阪 住吉区 朝日温泉
ヒトリバンケット&朝日温泉 presents
『銭湯に行こう!vol.6』
open 12:00 start 12:30
2ステージ制(16:00 終演予定)
第1部 女湯ステージ 12:30~
第2部 待合ステージ 13:30~
入浴料 ¥440-(ライブは投げ銭制)
出演:ヒトリバンケット と いとうゆきこ、FRog、N&W鉄道会社、ZEN、古今とこ頻ん尿(落語)、小川多雅之[from dracaena](アサラト・ワークショップ)
2017.05.05 / Top↑
4月は堰を切ったようにblogを書いていました。
ひまつぶしにでも読んでもらえたらと思います。考えていることとか、読んだ本のこととかを主に書きました。

5月は少しペースは落ち着くと思いますが、いくつか下書きしているものがあるので、随時あげていこうと思います。誰が興味あんねん、ですけど。

読んでくれている人が少ないながらもいて、薄くでも繋がれているなら、それはそれでいいことなのかもしれないな、そう思っています。

それにしても、ヤナギブソンさんの標語はいいなぁと思います。

さて、それはそうと、明日は久々にライブです。
やっとこさ出来た2枚目のCDの発売記念イベントです。もしご都合あえばいらしてください。

【LIVE情報】
2017/5/3(水・祝) 北浜 雲州堂
ヒトリバンケット 2nd ALBUM『ハローとグッバイ』発売記念ライブ
開場 12時 開演 12時半
charge ¥1500-(1drink別)
出演:ヒトリバンケット、カーテンズ、dracaena
出店:あじあ雑貨とチャイ“nyau”



ちなみにCDはAmazonでも買えるので、宜しければそちらでもどうぞ。
私に会う機会がある方は、できるだけ持ち歩くようにするので、お声掛けしていただければと思います。

【その他のLIVE情報】
2017/5/21(日) 和歌山 一灯舎
『ガーデンライブ vol.40 in 一灯舎』
11:00〜16:00
※ライブの出演時間は未定です。
¥入場無料 (駐車場代 100円)
出演:TOY BOX、くりすたきじ、SEIZY、ヒトリバンケット、野澤大輔、松本陽太 他
FOOD:一灯庵、ミホズキッチングルテンフリースイーツ、ナカタのパン
出店:エステティックサロン・セレニテ

2017/6/4(日) 大阪 住吉区 朝日温泉
ヒトリバンケット&朝日温泉 presents
『銭湯に行こう!vol.6』
open 12:00 start 12:30
2ステージ制(16:00 終演予定)
第1部 女湯ステージ 12:30~
第2部 待合ステージ 13:30~
入浴料 ¥440-(ライブは投げ銭制)
出演:ヒトリバンケット と いとうゆきこ、FRog、N&W鉄道会社、古今とこ頻ん尿(落語)、小川多雅之[from dracaena](アサラト・ワークショップ)
2017.05.02 / Top↑